問題と問題の違い

問題問題と問題

問題と問題の最も顕著な違いを打つのは解決策です。問題が発生した場合、通常はすぐに解決策を思いつくことができます。 多くの場合、問題を解決する方法さえ知っています それが現れる前に。一方、問題は、予見なしに解決できるものではなく、ある程度の当て推量さえもありません。



多くの場合、サイズによって問題と問題の違いが決まります。問題はより小さく、人生を変えるものではなく、他の人の助言を求めなければならないほどの困難さはありません。 注文 問題の影響を把握するため。問題は規模が大きく、一時的または恒久的に人生を変えるのに十分な大きさであることがよくあります。問題は簡単に必要になる可能性があります 助言 とあなたの周りの人々の指導、 注文 それを解決するために。

問題はあなたにいくらかの迷惑を引き起こすかもしれない要因です。問題は、問題に直接関係していなくても、周囲の人々や状況に影響を与える可能性があります。たとえば、昼食を忘れることは問題ですが、 ジョブ 問題です。

企業や政府のレベルでは、問題は密室で処理できるものであり、その状況で最高の権威を持つ人々にしか影響を与えません。問題には 情報 問題の解決に従業員または市民を巻き込む原因となるため、それを解放する必要があります。



問題も潜在的な可能性を秘めています。状況が大きな影響を与える可能性が非常に高いことに気付いた場合でも、それは定義上、依然として問題です。可能性が実現されると、問題は問題に変化します。たとえば、レストランのシェフが夜に提供している魚のバッチの一部が悪くなっていることに気付いた場合、多くの人を病気にしたり、訴えたり、台無しにしたりする可能性があるため、問題が発生します施設の評判。誰も食べていないか、魚に対して悪い反応を示した場合、それは問題のままです。誰かが病気になり、告発が表面化し始めると、問題は今や問題になっています。

概要:

・問題には、すぐに認識できる解決策があります。



・問題は、一時的または永続的に人生を変えることです。

・問題はわずかな影響しか及ぼしません。

・問題は個人的な迷惑を引き起こします。



・問題により、他の人が影響を受けます。

・問題は個人的に処理できます。

・問題は、政府または企業の立場で問題を解決するために、オープンに処理する必要があります。

・問題は害を引き起こす可能性があります。

・危害や影響が表面化し始めると問題が発生します。