愛と夢中の違い

愛愛は魂と心から来る感情であり、夢中になることは必然的にホルモンの引き金となる感情または感情です。たとえば、誰かを実際に理解したり、接続したりしなくても、誰かを見るといつでも夢中になります。しかし、誰かを本当に愛するためには、彼らの希望、夢、願望を理解するとともに、何らかの方法で彼らとつながる必要があります。あなたは一般的に異性の誰かに夢中になっていますが、誰でも愛することができます。

夢中になっているのは一瞬の感覚で、貴重なものを犠牲にする必要があるときや、時間の経過とともに消えていくときに蒸発することがよくあります。一方、愛は、何も考えずに絶対に何でも犠牲にすることができ、時間とともに強くなるだけです。

多くの場合、若者は夢中と愛を混同します。最初の魅力に基づくほとんどの結婚は失敗しますが、愛の感情に基づく結婚は一生続きます。夢中になることは自己の成長と満足に焦点を合わせ、愛は他者の成長と満足に焦点を合わせます。



夢中になることは完全に肉体的な必要性に基づいており、それが終わると消えますが、愛にはある種の肉体的な相互作用が含まれる場合と含まれない場合がある共有が含まれます。夢中になると唯物論的な目標につながります 精神的なものにつながります。

相互の成長が極めて重要である愛に基づくパートナーシップには、多くの規律と懸念があります。 ゴール その周りで二人が機能します。夢中になっているときは、関係者のどちらの成長についても長期的な懸念はまったくありません。

成熟するにつれて、簡単に夢中にならない傾向があります。実際、成人期に移行して高齢者になっても、まったく夢中にならないかもしれません。しかし、何歳になっても愛する能力を失うことはありません。