愛と好きの違い

化学-基礎-愛-300愛vsいいね

男性と女性の関係に関係する感情に関しては、灰色の領域がたくさんありますが、通常は明確に定義されているものもあります。後者の一例は、ほとんどの人が好きな人と好きな人に対する感情を区別できる方法です。



例として、母親と幼い息子の関係を見てみましょう。当然、あなたの息子は「私はあなたが好きです、お母さん」とは言いません。代わりに「私は あなた、お母さん。この場合、愛と好きの違いは、親と子の間の感情が無条件のものであるということです。両親を愛する子供が生まれるので、感情は深く埋め込まれ、自然に生まれます。

しかし、愛が無条件なら、誰かを好きになるのはどうですか?これは、父方の愛よりも、ロマンスと関係があります。かなり新しい関係にあるほとんどの男性と女性は、通常、躊躇しています ボイス 彼らの気持ち。したがって、「私はあなたを愛しています」と言う代わりに、すぐに「私はあなたが好きです」と言います。

愛、交際、人間関係の複雑な世界では、誰かを愛していることをすぐに認めると、長期的な取り組みが必要になるため、相手を怖がらせる可能性があります。男性と女性にとって、愛を認めることは通常、関係がより深刻になりつつあることの合図であり、最終的には結婚につながる可能性があります。



愛することと好きになることの主な違いをもっと見てみましょう。誰かを好きになるということは、あなたがその人と一緒にいることに満足しているということです。一方、誰かを愛するということは、その人なしでは絶対に耐えられないということです。決まり文句のように思われるかもしれませんが、好きなことはあなたに胃の中のことわざの蝶を与えます「」しかし誰かを愛することは何かを含みます 多く それよりも深い。

全体として、愛と好きの違いはあなたの感情の深さと関係があります に向かって 誰か。好きなことは、「」の中にその暖かく、はためく感じを与えるかもしれませんが、それはほとんど表面的なものです。一方、愛は、はるかに深く複雑な感情を伴い、人生でこれまでにない最高の感情の1つになります。

概要:



1.愛は無条件の感情ですが、のように愛のより骨抜きにされたバージョンです。

2.誰かを愛するということは、その人があなたにとってすべてを意味することを意味し、誰かを好きになるということは、あなたがその人と一緒にいることに単に満足しているということです。

3.愛には、より深く、より強い感情が含まれますが、好きなのは、その特別な人に対するより優しい感情です。



4.愛はあなたの人生の不可欠な部分になる別の人ですが、人と一緒にいるのは快適です。