純粋な物質と混合物の違い

混合物-pd純粋な物質と混合物

海水、食用油、鉄鋼、青銅、酸素、塩、土壌「」これらを個別に見ると、「純粋物質」と「混合物」のどちらに該当するかがわかると思いますか?純粋な物質と混合物の間に明確な相違点と類似点がある場合は、それについて学びましょう。



第一に、純粋な物質は、物理的または化学的プロセスを使用するときに他の種類の物質に分離できない物質です。純粋な物質を構成するすべての粒子は、同じ色、味、組成、および質感を持っています。言い換えれば、それは、明確な組成を持つ1つの成分のみで構成される元素または化合物である可能性があります。 化学的および物理的特性

第二に、混合物は、化学的手順を使用して結合されていない2つ以上の物質の組み合わせです。混合物を構成する成分は一定の割合で存在するわけではなく、あなたが精通しているほとんどの天然物質は混合物です。混合物の例には、水、アルコール、油、染料が含まれます。

では、これら2つの明確な違いは何ですか?混合物に関しては、それは純粋な化合物または元素に物理的に分離することができます。これは純粋な物質では不可能なことです。なぜなら、それはすでに最も基本的な、または最も純粋な形で存在する物質の一種だからです。



純粋な物質のもう1つの明確な特徴は、純粋な物質を分離することが物理的に不可能であっても、不純物が検出されない場合にのみ純粋であると見なすことができることです。沸点や融点などの物理的特性に関しては、純粋な物質は変化しませんが、混合物は変化します。たとえば、純水の沸点は摂氏100度ですが、水と混合したアルコールの沸点はさまざまな温度になります。簡単に言えば、純粋な物質はその名前が示すとおり、純粋ですが、混合物は不純です。

概要:

1.純粋な物質は他の種類の物質に分離することはできませんが、混合物は2つ以上の純粋な物質の組み合わせです。



2.純粋な物質は一定の物理的および化学的特性を持ちますが、混合物はさまざまな物理的および化学的特性(つまり、沸点と融点)を持ちます。

3.純粋な物質は純粋ですが、混合物は不純です。