有毒と危険の違い

有毒-145897_1280

有毒と危険の違いは何ですか?どちらの言葉も、人に危害を加える可能性のあるものを意味する形容詞です。 「有毒」または「危険」と呼ばれるものには近づかないようにアドバイスされることがよくあります。これらの用語は、物質が人間、動物、植物、または環境に損傷を与える可能性があることを示すために使用されます。ただし、これら2つの類似した単語の意味にはわずかな違いがあります。



「有毒」は一般に、何かが有害または有毒な物質を含んでいるか、またはそれであることを示す形容詞として使用されます。何か有毒なものは、深刻な病気、衰弱、さらには死を引き起こす可能性があります。例: 液体 瓶の中は有毒なので触れないでください。医療の文脈で使用される場合、それは展示の意味を帯びます 症状 感染症や毒の。例:患者は感染症で有毒でした。これに関連するのは、有毒または有害な物質、特に生物の産物である物質を指す名詞形「毒素」です。例:葉に強力な毒素が含まれているため、一部の木は有毒です。 「有毒」は、形容詞としてより一般的に使用されますが、状況によっては、通常は複数形の有毒物質を意味する名詞として使用できます。

「有毒」には、英語で非常に一般的な比喩的または比喩的な用法もあります。非常に過酷、悪意、有害、または有害を意味する形容詞として使用できます。例:有毒な言葉は皮肉で意地悪でした。 「有毒な人」とは、通常は感情的な方法で、他の人を故意に傷つけたり傷つけたりする人を表すために使用される表現です。例:サリーはとても有毒な人で、幸せになりたいのなら、もう彼女の周りにいることはできません。

「ハザード」は「ハザード」の形容詞です。 「ハザード」は危険の原因を意味するため、「ハザード」はリスクまたは危険を伴うことを意味します。有毒であるという意味で危険を意味する場合があります。例:危険物は有毒でした。ただし、「危険」と「危険」はそれほど具体的ではなく、必ずしも害を及ぼすとは限りません。危険なものは深刻な危害や死に至る可能性がありますが、それは損失や危害のリスクを伴うものである可能性があります。例:炭鉱で働くことは危険な職業です。この意味で、それは不健康または危険である可能性の意味を帯びています。



「有毒」または「危険」のどちらを使用するかは、説明している物質または材料によって異なります。有毒物質は常に危険ですが、危険物質は有毒ではない場合があります。 「有毒」は、それを有毒にする物質に関連する特定の特性です。一方、有害物質には、毒性、可燃性、反応性、またはその他の方法で使用するのが危険で危険であるなどのいくつかの特性が含まれています。最後に、「有毒」には「危険」にはない比喩的な用法もあります。